活動内容紹介

野焼き・輪地切り支援

具体的な活動内容

 九州を中心に、全国から都市ボランティアを募り、初心者研修会を義務付け、人手不足や高齢化によって、野焼きや輪地切りの持続が困難な牧野へ野焼き支援や輪地切り(防火帯づくり)活動に派遣しています。

市民ボランティアによる阿蘇の草原保全に向けた野焼き・輪地切り(防火帯作り)支援活動は、都市と農村・行政が連携し広大な草原を護るというユニークな活動であり、阿蘇千年の草原の歴史の中でも初めてのことであり、地元からの期待も大きく、社会的にも大きな反響と評価を得ています。

参加牧野(要請牧野)や人数は、年々増加しており、1999年春、7ケ所110名から始まった活動が、2010年度は49牧野に、延べ2100名を超えるボランティアの支援活動となり、これまでに延べ1万5千人以上の方が野焼き・輪地切り支援活動を行いました。

活動を始めた経緯・時期

 阿蘇の畜産農家の減少、農村の高齢化や過疎化により、野焼きに従事する人が減少し、広大な阿蘇の草原が危機に瀕しているのを受け、1999年春、初めての野焼き支援ボランティアの初心者研修会を行いました。

最初は地元からも「自分たちも大変な作業なのに都会の人が進んでやってくれるわけがない」と言われ、行政からも「初心者研修会には50人集まればいいほうだ」とされていたのですが、実際の最初の研修会には290名の参加があり、地元から大変驚かれました。

活動の成果

 ボランティアの熱心で質の高い活動は地元の牧野組合からも高い評価を受け、活動の規模は年々大きくなっています。また、環境省とも連携し、長年野焼きが中止されていた草原の野焼き再開にも取り組んでいます。マスコミなどに取り上げられる機会も多くなり、若い学生や地元の人のボランティア参加が少しずつ増えてきている。

今年はNHKの「新日本紀行ふたたび」や「翼の王国」(全日空の機関誌)などに取り上げられ、野焼き支援活動も全国区になりつつある。また最近では企業への出前講習会や各マスコミ等に活動が取り上げられることにより、会社内のグループでの参加も増え、若い方や地元移住者などの参加も少しずつ増えてきています。

5000ヘクタールを超える草原保全活動フィールドは阿蘇全体の野焼き面積の4分の一以上になり、今や阿蘇の草原保全には欠かすことの出来ない活動になってきました。

野焼き支援ボランティアの会

 2000年、財団のもとに『野焼き支援ボランティアの会』が発足。財団の活動会員と位置付けられ、代表1名、副代表2名のもと約670名(2011年度)の会員が登録している。

また、翌年2001年にはリーダー制度が発足した。野焼きなどの経験を積み、現役リーダーからの推薦を受け、更に救急救命などの特別な研修を受講したボランティアは『ボランティアリーダー』として登録され、活動の際にはボランティア活動を統率・サポートする。また年に3~4回活動内容や活動方針などを話し合う『リーダー全体会議』を開催している。

野焼きボランティアの会 会則[PDF]

 

野焼き支援ボランティア紹介動画
野焼き支援ボランティア~草原の守り人たち~

野焼き支援活動関連のあゆみ

内容
1999年 第1回野焼き支援ボランティア初心者研修会開催
2000年 野焼き支援ボランティアの会発足
輪地切り支援活動の開始
2001年 野焼き支援ボランティアリーダー制度発足
2002年 西原村鳥子牧野での野焼き再開に取り組む
2003年 全国初の環境大臣指定国立公園管理団体となる
2004年 南小国町慈門坊の野焼き再開に取り組む
ボランティアの拠点『阿蘇ゆたっと村』の開設
2005年 財団設立10周年
阿蘇草原再生協議会の発足
3ヶ所の草原再生事業(野焼き再開)に取り組む
(夜峰山、上二子石、田子山)
2006年 夜峰山9年ぶりの野焼き
初心者研修会用ビデオの作成
2007年 草原ナショナルトラスト第1号地を取得
2008年 日の尾、長野牧野の野焼き再開に取り組む
NHK「新日本紀行ふたたび」で野焼き支援活動が放映
野焼き支援ボランティア活動10周年
活動記録集の発行
2009年 「翼の王国」で野焼き支援活動が取り上げられる
熊日賞の受賞
2010年 野焼き・輪地切り支援ボランティア安全対策マニュアルの作成
財団設立15周年
阿蘇草原再生募金の取り組み開始
2011年 公益財団法人のスタート
リーダー手帳の発行

◆野焼き・輪地切り支援ボランティア安全対策マニュアル

財団では、各地での野焼きによる事故をうけて、野焼きや輪地切りなどの安全対策について、ボランティアの皆さんに再認識していただくためのマニュアルを作成しました。(2010年2月作成)

活動履歴
暦年の野焼き・輪地切り支援活動についての、支援牧野数、参加ボランティア数のグラフです。

◆野焼き支援ボランティアの会 会員構成 年齢・性別(2012年度)[PDF]

◆野焼き支援ボランティアの会 会員構成 居住地(2012年度)[PDF]
野焼き支援ボランティア会員の年齢構成や居住地などを分かりやすく円グラフにしています。

今後の目標

  • ボランティアと地元牧野組合、行政とのより良い関係を構築していきたい。
  • ボランティアや職員向けに、草原や水資源保全などの学習会や勉強会を定期的に行い、作業の技術向上とともに、環境保全への意識のスキルアップを図っていきたい。
  • 地元の後継者を育成するために、地元の学校などへの働きかけを行っていきたい。

 

 

 

今年度の初心者研修会も募集を開始いたしました!!
トップページの新着情報から初心者研修会参加者募集のページをご覧ください。

コメントは受け付けていません。